5分で朝食! スープの作り置きに便利な無印良品の保存容器をご紹介!

我が家では、出来るだけ野菜を多く食べれるように、朝食にはサラダかスープを準備します。

そこで今回はスープの作り置きに便利な保存容器をご紹介したいと思います。

無印良品の液体とニオイが漏れない・バルブ付き密閉ホーロー保存容器のすごいところ

私が愛用するこの容器の最大の特徴は、直火にかけることができるのです!

この容器で調理も可能だと思いますが、持ち手がないので、私は、他の鍋で調理をした後にこの容器に保存しています。

そして、朝食の準備をするときは、この容器をコンロに直接置き、温めます。

保存するときは、手で持てる程度に冷めてから、蓋をして冷蔵庫へ。翌日も同じ作業をするだけです。

これなら5分で毎朝スープを準備することができます! 簡単ですね!

この容器があれば、朝ごはんにスープを素早く提供でき、片付けのときは、鍋を洗う必要がなくなります。

我が家では、おでんの保存にもこの容器を利用しております。

煮込む時に、この容器に移し替えておけば、冷めた後、冷蔵庫にすぐに入れることができて便利です。

この容器は、様々な大きさも準備されており、また無印良品らしく、基本寸法が統一されているので、揃えて購入すれば、無駄なスペースを取ることなく、冷蔵庫で保存ができます。

深型・大 幅19cm 奥行23.5cm 高さ7.5cm 1,900円
幅19cm 奥行23.5cm 高さ5cm 1,600円
深型・中 幅11.5cm 奥行19cm 高さ7.5cm 1,600円
幅11.5cm 奥行19cm 高さ5cm 1,300円
深型・小 幅9.5cm 奥行11.5cm 高さ7.5cm 1,300円
幅9.5cm 奥行11.5cm 高さ5cm 1,000円

そして、ホーローなので、少々油ぽいスープ(クリームシチューなど)を保存していても、洗うときは、ヌメリも残らず、油汚れもすぐに落ちます。

ただ、もちろん残念なところもあります。

この容器の残念なところ

  • 一つ一つの価格が安くないので、シリーズで揃えようとすると、5,000円ぐらいの出費になる
  • 電子レンジで温めることができない

料理によって保存容器を使い分けると、調理、後片付けの時短につながります。まさしくシンプルライフですね!

直火に掛けられるホーロー保存容器は、調理方法を工夫すれば、調理器具としても利用が可能。煮込むスープを作れば、鍋なしで作れ、そのま保存が可能。食べる前は直火にかけて温めればOKです。便利な無印良品のホーロー保存容器の使い方を紹介しています。