カトラリーの収納におすすめ 無印良品の整理ボックス

カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーンなど)を分けて収納しておけば、必要なときに、探すことなく、素早くカトラリーを取り出せて、時短にもなり、日頃から整理しておくことをオススメします。

そのときに、役に立つのが無印良品のポリプロピレン整理ボックス

サイズが色々と揃っており、収納スペースを無駄なく利用することが出来ます。

我が家もこの収納ボックスを利用して、必要なカトラリーをすばやく取り出せるように収納しています。

この収納ボックスがおすすめなポイント

  1. この収納ボックスは、重ねても利用できるところ。収納する引き出しの高さが、重ねたときの高さの大体6cm程度あることが前提ですが、重ねることでカトラリーを細かく収納でき、探す手間を省けて取り出しやすくなります。ちょっとわかりにくい写真ですが、我が家では、使用頻度の少ないナイフのボックス上にバターナイフのボックスを置いて収納しています。
  2. 無印良品の商品は、いつでも買い足しが出来ること。収納ボックスの半分は、約10年前に購入しており、最近になり、カトラリーを細かく整理したいと思い買い足しました。10年が経過しても同じ商品を取り扱ってくれていたので、買い足すことが出来ました!無印良品さんに感謝感謝です(^0^)
  3. 引越の梱包が楽になること。引越を繰り返して感じたのが、引越の時に荷造りが面倒なのが小物の多い台所。調理器具やカトラリーなど細かい物は、特に面倒です。引越業者が準備してくれた梱包用紙で梱包していましたが、荷ほどきの時に、小物(箸置きなど)は、紙に紛れて、紛失したこともありました。この収納ボックスにそれぞれと入れておけば、そのまま紙で梱包すれば、紛失も防げるし、荷ほどきの時は、収納ボックスごろ引き出しに収納すれば、簡単に荷ほどきが終わります。転勤族で、引越が多い人には、是非オススメの収納方法です。

無印良品のポリプロピレン整理ボックスは、ヘアゴム・ヘアピンの収納でも利用させてもらいました。

ヘアピン、ヘアゴムなど細かい物の収納方法をご紹介しています。収納場所を決めておけば、自分でもしまうことを覚え、なくすこともありませんよ。整理整頓と物を大切にすることを教えるきっかけになる収納方法です。