お弁当つくりが楽になる 夕飯作りのちょっとした工夫

朝ご飯の支度、お弁当の準備と朝は本当に、一日の中でも本当に慌ただしい時間帯です。そして、子供が小さいと、こんな忙しいときでも、「ママ!!」と呼ばれててんてこ舞いの毎日です。そして、子供はなぜか、こちらが忙しいときに限って、手を取ることが多く、「誰か、お弁当を作って!!」と思う毎日です(笑)

そこで、お弁当作りに時間を取られないように、夕飯作りの時に、お弁当の準備をしています。

5分で出来るお弁当つくりのための工夫

娘のお弁当を作って、そろそろ3年目になります。お弁当作りで、唯一こだわっている点は、、市販の冷凍食品を使わないこと。娘は、まだ5歳なので、いろいろな添加物が含まれる冷凍食品は使わず、自分で調理したものだけでお弁当を作っています。だからと言えば言い訳になってしまいますが(笑)、お弁当は基本は、前日の夕飯をそのままスライドしております。娘は、まだ小さいこともあって、2日続けて同じものを食べても文句を言わないで、セーフです。このまま、文句を言い出さないことを祈るばかりです(笑)。

夕飯を作り終えてたときに、お弁当にそのまま詰めれる状況にして保存しています

このようにしておき、お肉が含まれるものなどは、レンジで温めるので、温めができるおかずカップに入れて、温める必要がないおかずは、アルミ製のおかずカップに入れて、冷蔵庫に入れております。


ここまでしておけば、翌日、ただ詰め替えるだけでお弁当が出来忙しい朝に、慌てることなくお弁当を作り事が出来ます。

簡単なお弁当ですが、冷凍食品は使わず、手抜きをしているので、せめて、ご飯だけは炊きたてを詰めてあげたいと思い、以前紹介しましたが、土鍋で一人分を炊き、詰めております。

管理栄養士のママなのに、手抜きのお弁当で申し訳ないと思いつつ、冷凍食品は使ってないから偉い!と自分を励ましながら、手抜きのお弁当を作っております(笑)。

最近の悩み。それは、炊飯器で炊いたご飯が以前より、不味くなったこと・・・お米を変えたわけじゃありません。多分、炊飯器が古いのが原因かも。我が...