コストコ おすすめ商品 作り置きの必需品「GLAD」プレス&シール

作り置きをすることをおすすめしていますが、冷蔵庫の中に、保存容器が多くなると、かさばり、必要な物をすぐに出せなくなり、イライラしてきます。そのうち、中身は半分しか入って保存容器なども出てきて、大きい物から小さい物へと入れ替えるのは面倒な上に、洗い物が増えるのでママは、いつも保存スペースをとるか、洗い物をとるかの葛藤をしております。
そして、作り置きしてものは、冷蔵するだけでなく、冷凍することで、保存期間が長くなり、自作の冷凍食品を作ることが出来るので、作り置きの冷凍はさらにおすすめです。今日は、作り置きの時に大活躍する商品をご紹介したいと思います。

作り置きの必需品 コストコ「GLAD」プレス&シールの便利な使い方

この多用途プレス&シールは、ラップ自体に粘着力があるので、ご飯をラップで包もうとした時に、ラップ同士がくっつかず、一部分だけ包むことが出来ない!!そんな経験をされたことがあると思いますが、このプレス&シールを使えば、そんなことはなく、特に、炊き込みご飯など油っぽいものを包むときに、一般のラップだとヌルヌルして包めないことがありますが、プレス&シールでは、そんなことは絶対にありません!

今回は、煮込みハンバーグを包んでみました。

このように、上手に包むことが出来、トマト缶を使って作ったソースも漏れることがなく、プレス&シールで包んだ状態で、冷蔵庫で保管しています。もちろん、このまま冷凍することも可能です。保存容器を使用せず、このプレス&シールで包んだことで冷蔵庫の中でもかさばることもなく、すっきり保存できました。

そして、ママが良くするのが、カレーの冷凍保存の時に、このプレス&シールを利用しています。カレーは、ドロッとしていますが、このプレス&シールを大きめに切って準備して、綺麗にたたみ、ジップロックの袋に入れて冷凍しておけば、余ったカレーを食べ続けることもなく、手抜きをしたいときに、カレーだけ鍋に入れて温めれば、時短夕食もあっさり出来上がります。

写真は、冷凍庫から出した時のものです。このようにして、簡単に冷凍が可能です。

このプレス&シールは、他にも利用方法があります。クッキーを作るときに、調理台にこのプレス&シールを置きクッキーの型抜きをすると、生地をまとめ直したい時に、プレス&シールごと包みプレス&シールの上から麺棒でのばせば簡単に平たい生地にもどりクッキーの型抜きの楽々です。

 

プレス&シールのおすすめポイント

  • 油が多い食品も簡単に包み保存ができる
  • カレーのような少しドロッとしてものでも包むことが可能で、そのまま冷凍が可能
  • クッキー作りにも便利。この上で型抜きをすれば、生地をするに麺棒で平たくできる

プレス&シール 残念なポイント

  • 破りにくいこと。この便利なプレス&シールなのですが、一般的なラップのように簡単に気持ち切れません(笑)。煮込みハンバーグを置いている写真でも、プレス&シールの上の方がぐちゃとしているは、切る時に、ちょっと苦労したからです(笑)。
  • プレス&シールは、コストコで、3本セットで販売されております。ママは、母と姉と一本づつ分けて使っておりますが、1本目を使ってもうすぐ1年です。恐らくあと半年は使えると思いますので、1人で3本も買うとなると約3年は、使いきれないと思います。普通のラップの3倍程度の大きさがあるので、これを3本も保管すると結構収納スペースを圧迫すると思います。

破りにくいなど、少々短所もありますが、このプレス&シールでは、カレーなども保存することが出来るので、作り置きには必需品となっております。

コストコが近くにない方などでも、ネットで購入できますよ!!