大掃除をしないための日々の工夫。汚れ予防するより汚れを取る「シンプルライフ」

汚れると困るからと、例えば棚に布や紙を敷いたりすることは皆さん良くされると思います。そして家電を買うときには、掃除がしやすいことも考慮して購入される方も多いと思います。ママもこの考え方の延長で、オーブントースターのパンくずトレーには、アルミ箔をはり、オーブントースターの扉は丸洗い出来るのものを選んで購入しておりました。

でも、パンくずトレーにアルミ箔を貼ったことで、引き出すときに巻き込み、スムーズにトレーが出てこなくなり、熱でアルミ箔がパンくずトレーにべっとりと付いてしまい汚くなりました。

その結果

出しにくい・既に汚い→出すのが面倒 既に汚いので洗うのが大変で面倒

これがずっと続き、結果すごく汚くなり、もう、洗うのを諦めてアルミ箔だけを替えるようになりました(苦笑)。

そして、扉は外せて丸洗い出来ることにこだわって買ったものの、外れるものの今度は取り付けが面倒なことは知らずに購入しました。

その結果

外して洗いたい。でも外したら今度も取り付けが面倒→あまり外したくない。→外さないでただ拭く

結局、外さないなら、もっと他のことの重点を置いて選べばよかったと後悔しました。

後悔して買ったオーブントースターは、ママの気持ちを感じ取ったのか、温度が上がらなくなり、買い直すことになりました(笑)。

そこで、今度は、掃除より使い勝手を重視して購入しました。そして、前回の反省を活かして、汚れないように工夫して、掃除がしにくいより、簡単に掃除が出来る状態で使えば、もっとこまめに掃除をするのではないかと考えました。

現在のオーブントースターの状態(購入して半年)

月に1度程度は必ず、パンくずトレーを引き出して、さっと洗うこと、扉もサッと拭くことを続けて入れば、1年後もこの状態です。特に揚げ物などをオーブントースターで温めた後などは、出来るだけその直後に水洗いすることは心掛けていれば、半年後も買ったときと変わらない状態を保てます。

日々、ちょっとして心配りをしていれば、意気込んで「今日は大掃除するぞ!!」と時間を掛けてする必要もなくなります。そして、汚れが付かないために、工夫して時間を使うより、シンプルにそのままの状態で、、こまめに掃除することがある意味時短にも繋がるのではないかと思っています。