強力洗濯槽洗浄洗剤 コストコ おすすめ商品オキシクリーン

オキシクリーンは、色々な用途があることは以前お知らせしました。

子供の靴下は、びっくりするぐらい黒くなり、汗ばむ季節になると、鼻をつまみたくなるほどの悪臭は発することがありますよね。 それだけ、汗を...

今日はその中の一つである、洗濯槽の洗浄をご紹介したいと思います。
オキシクリーンは、40℃以上のお湯で使用しないと威力が発揮されません。洗濯槽洗浄をするとき場合も、水ではなく、お湯を使用します。

オキシクリーンで洗濯槽洗浄

  1. 洗濯槽にオキシクリーンを専用スプーンで3−4杯入れる
  2. お風呂の残り湯(温度は40℃以上)を洗濯機の水位が高い所まで入れる
  3. 洗いを一番長時間にセットし、洗濯機を回す(すすぎ、脱水は行わない)
  4. オキシクリーンが入った状態のまま2時間程度、放置する
  5. 2時間程度経過したら、すすぎ、脱水を繰り返す。
  6. ゴミ取りフィルターに洗濯槽の汚れが付着しなくなれば、終了です

放置しているときは、上の写真のように、洗濯槽の中が泡泡になっております。

分かりにくい写真ですが所々に茶色いゴミが浮いています。それが洗濯槽の汚れです。

これは、オキシクリーンで洗濯槽洗浄後を行った後のゴミ取りフィルターの状況です。

あまりの汚さに、触るのも躊躇するぐらい洗濯槽の汚れが付着しています。

注意

オキシクリーンを使用して、洗濯槽を洗浄すると、本当に驚くほど、洗濯槽の汚れが浮き出てきます。これは、本当に、ありがたいのですが、洗濯槽の汚れが激しい場合、すすぎ→脱水を1回ほどして、通常の洗濯をすると、洗濯槽の汚れが残っているようで、洗った洗濯物に付着します!!我が家の場合、3か月ぶりに、洗濯槽を洗浄をしたときは、すすぎ→脱水の作業を4−5回行っています。この作業を終わらせる目安は、洗濯機のゴミ取りフィルターに洗濯槽の汚れが付着しなくなれば、綺麗に除去でき、洗濯物に付着することこともなくなります。

何度もすすぎ→脱水を行うのが面倒ですが、それだけ洗濯槽が綺麗になったと思うと気持ちが良いものです。一般的に販売されている、洗濯槽洗いの洗剤とは除去できるレベルが違うと思います!是非、お試しください。