100円ショップワイヤネットで手軽に棚作成

今の自宅に入居した時から、収納の一部に、仕切りの棚がないため、収納スペースが無駄になっていることが気になってました。とりあえず、引越し荷物を片付けたいので、ビニール袋に入れて、突っ張り棒に吊り下げていましたが、見た目も悪く、使いづらい状態が、気になっていました。

そこで、簡単にお金を出来るだけ使わずに収納スペースを増やすために、100均で販売されている、ワイヤーネットを使い棚を作ってみました。

まだ、見た目はきれいな状態ではないので、何か考える必要があると思いますが、以前より取り出しやすくなりました。

今回利用したワイヤーネットをご紹介

購入場所

セリア

購入した商品

8マス×8マス   3枚 横の棚として利用

8マス×16マス 2枚 縦の棚として利用

連結バンド

※出来上がり寸法 横30cm 縦30cm 奥60cm

費用

600円

この棚が高いのか安いのかは、微妙なところですが、ワイヤーネットで作成した棚は、引越が多い人にお勧めです。

ワイヤーネットのおすすめポイント

ワイヤーネットは、それぞれを連結バンドで固定するだけで、簡単に作成できるので、結束バンドを切ってしまえば、簡単に平らなワイヤーネットに戻すことが出来ます。

引越の時に、平らにすれば、荷造りも簡単です。次の住居でも、また結束バンドで固定すれば、棚に変身させることが出来ます。

引越を7回をして感じているのは、ホームセンターなどで、色々な棚・カラーボックスなどは販売されていますが、形が固定されている物を購入しても、まず、荷造りの時に邪魔になり、引っ越し先では、入れるスペースがなく、処分することになることが多いです。

その点、ワイヤネットは、連結バンドを切り、平らなワイヤネットに戻しておけば、段ボールにいれて荷造りし、新居では、我が家のようにここに棚が欲しいと思ったときにその大きさに合わせて棚を作ることができるので、引越の多い人には、是非、利用して貰いたいと思います。

我が家では、今回と同じように、作り付けの収納棚にムダなスペースが出来ていたので、同じようにワイヤーネットを使って棚を作っております。このスペースで利用しているワイヤーネットは、引越前に住んでいた家で使っていた物を使い作成しました。

この棚は、トイレットペーパーのストックを置いて利用しています。トイレットペーパーも12個ほどの数になるとまぁまぁの重さになりますが1年ほど使用していますが、いまだに破損することもなく使用出来ていますので、耐久性もそこそこだと感じております。

ワイヤーネットの棚で困ること

ワイヤーネットは、困っていることは、作成するときに利用した結束バンドを外すのが、通常のはさみだと、簡単に切れないことです

安いはさみなど、切れ味の悪いはさみで切ろうとすると、はさみの方が壊れてしまいそうになります。結束バンドの切断時には、切れ味のよいはさみを利用するか、ニッパーという先の細いペンチのような工具を使うことをおすすめします。

これ以外に、ワイヤーネットを利用して困ったことはなく、満足して利用しています。